2023年度に向けた脳内手帳会議

2022/09/29

仕事 生活


毎年不定期に脳内開催される手帳会議の報告です。

2022年は開業届を出して忙しかったので、手帳に割く時間がもったいないと思い途中から市販の手帳に切り替えました。でも結局、先日からバレットジャーナルをメインに戻してしまった私。やっぱり使い慣れているから楽しい、楽しいのは大事です。ついでに手帳以外のノートについても紹介させてください。

メインの手帳:リヒトラブ ツイストリングノート



書き損じるとビリっと破りたくなる私にとって、ノートを傷めずにページを取り外せるこの子は貴重な存在。留め具の部分がパカッと開くので、ページを自由に入れ替えられます。リフィルは罫線・方眼・無地の3種類。


ただ、リングの穴が JIS規格(国内)ではなく ISO規格(国際)に沿っているため、一般的なルーズリーフ用リフィルは使えません。ツイストリング用のリフィルを買わなきゃいけないのはちょっと面倒かも。


内容を箇条書きにしてみました。

  • 年間と月間スケジュール(週間はいらない派)
  • デイリーログ(1日の記録)
  • ウィッシュリスト(欲しいもの・やりたいこと)
  • 筆記具の品番(インクや替え芯の品番)
  • イベントのページ(大きな予定が入ったら、そのためのページを作ります)
  • パーソナルデータ(各種占いや性格分析などの自己データ)
  • 断捨離リスト
  • 町内のごみ出しルールと曜日

自由帳:無地のツバメノート



ツバメノートの紙質が好きでたまりません。ペンとも鉛筆とも相性がいい! 主に出先でスケッチを描くことが多いです。あと、マインドマップとか。

仕事ノート:ムーミンのカバーと方眼ノート



ムーミンのカバーが本当に可愛い! 方眼ノートはダイソーで買いました。クライアントさんについての覚書、有料ソフトの更新月と金額など仕事に関することを何でも記録しています。

持ち歩き用メモ帳:ナカバヤシ ロジカルノート



B7サイズ(9.1×12.8cm)の小さなノート。手ぶらで出かけたい日はポケットに突っ込みます。内容はバスの時刻や買い物リストなど「theメモ帳」です。

カメラノート:ダイソー 無地ノート



Nikon一眼レフを愛用しているのですが、いまだに機能をよく把握できていません(悲)。
このノートには、F値・ISO感度・シャッタースピード・ホワイトバランスの目安、カメラの操作方法を書いています。早くオートモードを卒業したい。

雑記帳:高橋書店 torinko(トリンコ)の残りページ



まだ残っている2022年度の手帳。ちゃんと活躍してくれたし、使わないとかわいそうなので、落書き、献立、あとで清書するための健忘録といった雑記帳になりました。

手書きのすすめ

手帳やノートを使っていると、キーボード入力とは脳の刺激される部分や活性化の質も完全に違うなあと感じます。

仕事でパソコンをカタカタ、暇なときはスマホをポチポチしている方には、毎日手書きする習慣を全力でおすすめします!

QooQ