ウェブ媒体と紙媒体と「漢字のひらき」

2022/04/25

仕事



私はウェブ媒体を前提として仕事をすることが大半なので、常に横書き表示になること、スクロールされることを考慮しています。そして「読みやすさ」を大きく左右するのが「漢字のひらき」です。

ウェブライターの仕事


ウェブ媒体からの受注は、具体的にこんな感じ。

  • ウェブサイト
  • ブログ
  • ランディングページ
  • アプリ
  • SNS
  • ネットショップ
  • 動画のテロップ
  • 電子書籍

たまに印刷物の仕事もありますが、比率は少ないです。

  • 社内配布用の資料
  • 動画の台本
  • チラシやガイドブック
  • リーフレットやパンフレット
  • ダイレクトメール
  • メッセージカード

ウェブ媒体の文章とは?


ひと昔前のクラウドソーシング界隈には、「紙媒体出身はプロのライター、ウェブライターはその一段下の存在」という風潮がありました。

ただですね、ここ数年はそうでもないと思うんですよ……

「元新聞記者」「雑誌で書いてました!」という人より、今はSEO対策やグラフ作成、SNSマーケティングもできる人が重宝されます(あくまでも個人的な感想です)。

こうした変化は、はたして「その他のオプション」だけが理由なのでしょうか? 私は、文章への感覚も影響してる気がします。


「漢字のひらき」と読みやすさ


ウェブ向きの文章は読みやすさが大切なので、「漢字のひらき」が大切です。

例えば、「和食っておいしいですよね!」「参考にしてくださいね!」は開いていますが、閉じると「和食って美味しいですよね!」「参考にして下さいね!」となります。

「漢字をひらく」「閉じる」という表現は、別にウェブ用語ではありません。紙媒体でも専門書は漢字比率が多いですし、ファッション雑誌は少ないのは同じです。

でも、こうした比率への感覚が、ウェブ媒体と紙媒体では決定的に違うと思うのです。

ページをめくる? スクロールする?


ウェブ媒体と紙媒体の読者の違いは「ページをめくるかスクロールするかの違い」でしょう。

紙のページをめくる人は、立ち読みなのか購入したのか知りませんが、その本や雑誌を自分で選択したことは確かです。

記事がつまらなければ冊紙を閉じるでしょうか? いや、おそらく他のページを試しに読んでみると思います。「同じメディア内での移動」ですね。

一方、ウェブ媒体はいつの間にか見ている、たまたまクリックしたというケースが多く、自分で選んだ自覚は希薄です。

記事がつまらなければ他の記事を読むでしょうか? いいえ、検索結果に戻るか、ブックマークしているお気に入りサイトへ移動するでしょう。これは「他のメディアへの移動」です。

目視の引っかかり


私的な考察ですが、「一期一会だから逃しちゃならぬ!」というウェブ媒体では、目視した際の「引っかかり」を無意識に重要視しているのかも。

「読みやすさ」だけでなく、漢字、平仮名、カタカナといった文字の比率を、パッと見たときの絵、模様、ビジュアルとしてとらえている気がします。

例えば「漢字をひらいた読みやすい記事」に、あえて「お洒落」という閉じた単語を入れて文字列というビジュアルを引き締めるとかね。

おしゃれでもオシャレでもない「お洒落」という文字は、ある層の人に「引っかかり」として機能します。

多分「大人女子」「オトナ」「丁寧な暮らし」あたりに引っかかりそう。

文字とビジュアルイメージ


つらつら思いつきで綴ってしまいました。

「文字もビジュアルの一部」という点は、ウェブ媒体も紙媒体も共通していますが、ウェブの方が重視されていると思うよ、というお話でした。

QooQ